手巻きの機械式時計とは

手巻きの機械式時計の動力は?

手巻きの機械式時計のルーツは懐中時計にあると言われ、芸術品から実用的な物が開発されています。今は時計内に仕込まれたローターを日常動作で巻き上げる自動式も人気ですが、手巻きの魅力として「自身の手でリューズを巻き上げる」という動作があります。コレクターなどにも大変人気で趣味性の高い動作とも言えるでしょう。巻き上げには限界値があるものが多く、その限界値を超えて巻き上げるとゼンマイが破損してしまう恐れがありましたが、近年は巻き上げの限界値がない手巻きも開発されました。大切に扱えばメンテナンスコストも低く済むとあり、手巻きには手動な分愛着が湧いていくので、古き良き時代から受け継がれてきたロマンを感じられますね。

袖口に古き良き時代の良さを。手巻き機械式時計の魅力

手巻きの機械式時計の魅力といえば、バックスケルトンの洗練されたデザインや時計へ命を吹き込むような儀式としてリューズを巻き上げる作業があります。機構内にローターが存在しない手巻き式は時計自体が薄くシンプルな物が多く、ドレスウォッチなど袖口が引っ掛かりにくい物として選ばれることも多いです。デザイン性の高さは勿論、ローターが外れてしまうといった自動巻きならではの悩みとは無縁で壊れにくいのも魅力の一つでしょう。そういった面からも、ツールといった言葉を超えて愛着のある機器として人気が高いのも頷けます。朝起きてからコーヒーを嗜む時間のように、余裕がある時間を持つという意味では手間がかかる時計をひとつもっておくのも粋かもしれません。