自動巻きの機械式時計とは

機械式時計にはいろいろな種類が

時計はいろいろな分類方法がありますが、機構を動かす動力によっても種類を分けることができます。価格はもちろんですが、見た目や性能にも影響があるので慎重に選ばなければなりません。電池を動力源にしている「クオーツ式」に対し、昔ながらのゼンマイの力で動くものを「機械式」と言います。機械式は更に、ゼンマイを巻き上げる方法によって、「自動巻き」と「手巻き式」に分類することができるのです。自分で定期的にゼンマイを巻く必要がある手巻き式に対し、自動巻きは人の手を必要とせず、時計が自分でゼンマイを巻き上げてくれます。内部に組み込まれた「ローター」と呼ばれる金属部品が、日常動作で腕を動かすことで自然と回転し、歯車に動きを伝えることでゼンマイを巻き上げてくれるのです。

自動巻きはこんな人におすすめ

「機械式時計には憧れるが、毎日ゼンマイを巻くのは正直面倒くさい」という人にとって、自動巻きは非常に魅力的な存在でしょう。そもそも自動巻きが生まれたのも、ゼンマイを巻く煩わしさから解放されたいという先人達の思いからです。使ってさえいれば自動でゼンマイが巻かれるので、特別な作業は必要ありません。毎日身につけないという人も、マインディングマシーンなどを使えばゼンマイを巻く必要はありません。また、自動巻きは手巻きに比べ、日常動作で適度にゼンマイが巻き足されるため精度が安定しやすいというメリットもあります。加えて多くの機械式時計メーカーは自動巻きを採用しているため、デザインや価格帯の選択肢が多く、自分に合ったものを探しやすいというのも嬉しいポイントです。